マンションの定義とは

マンションとアパートは見た目だけで区別をするのが難しいと言えるでしょう。
なんとなく古く小さめの共同住宅をアパート、規模が大きくて新しいものをマンションと呼んでいる人がほとんどだと言えるのではないでしょうか。
しかし中にはマンションなのかアパートなのか見極めが微妙な建物というものもある事かと思います。
そのため実際のところマンションの定義は何か、気になっている方もきっと大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

実はマンションの定義というものは特にありません。
そしてアパートの方も定義はありません。
そのため前述のようになんとなくアパートっぽい、マンションっぽいという基準で不動産屋なども建物の呼び方を決めています。
同じ建物でも不動産屋によってマンションということもあればアパートということもある、なんていう事態も実は少なくありません。

定義がないため、やはり木造なのか鉄骨造なのか、部屋数や階数の規模などからアパートとマンションは言い分けるほかにはありません。
見た目が微妙なものは、好みでマンションかアパートか自分の中で言いわけて問題はないと言えるでしょう。
ここで説明をしたマンションの定義に関する情報がお役に立てば幸いです。